絵画や書道などの展覧会・特別展、創作講座・美術講演会・ロビーコンサートを開催

  • 東大阪市役所ホームページに移動

特別展・企画展

特別展・企画展

期間:平成 30年11月21日(水)〜12月2日(日)

第3回若手アーティスト支援事業 企画展「Yukawa-Nakayasu "砂糖の甘さ"」

第3回若手アーティスト支援事業 企画展「Yukawa-Nakayasu 砂糖の甘さ」

 太陽の光がさとうきびを育て、さとうきびは甘さを養う。製糖工場が さとうきびから砂糖を作る。町で恋人達が砂糖から作られたスイーツを分け合う。本展は、砂糖を巡る関係性を探索する事で「私たちの豊かさに甘さがどのように寄与するのか」を考察する。私は、台湾での滞在制作から現在に至るまで、その様々な今昔の関係性を収集している。例えば、さとうきび畑が熱帯気候の台湾と沖縄や鹿児島の離島の植生に深く関係しながら開拓されること、製糖工場が日本と台湾の歴史的な関係性の中で存在していること、甘さには人を癒す効能があるという俗説を巡る人間の関係性、などについて。

砂糖の消費量はその国の文化生活の程度を測る尺度であり、生活の豊かさの基準であったという。

その意味で、今日の我々の十分すぎる砂糖の摂取量は、生活の豊かさを端的に示している。私は、砂糖工場のある熱帯の風土、さとうきびにまつわる諺(ことわざ)、黒糖の匂いを端緒に甘さへの追想をはじめる。身体的な経験による甘さを尺度にして、さとうきび畑を歩き、日差しによる傷を甘さで癒しながら、豊かさについて考察しようと思う。(チラシ本文より)

若手アーティスト支援事業とは、若手アーティストの作家活動を支援するために、当センターにおいて作品発表を行う展覧会開催の機会を提供することを目的としております。

パンフレットPDFデータ(サイズ:約911KB)

とき

平成 30年11月21日(水)〜12月2日(日)午前10時〜午後5時まで

※11月26日(月)は休館
※12月1日(土)はナイトミュージアム開催の為、午前10時〜午後9時まで開館時間を延長

料金

無料

関連企画

【ギャラリートーク】

とき:12月1日(土)午後6時より開催 約30分

展覧会の作品背景を作家とともに鑑賞しながら説明を行います。参加無料。申込不要。

主催

東大阪市民美術センター(指定管理者:公益財団法人 東大阪文化振興協会)

問合せ先

東大阪市民美術センター

〒578-0924 東大阪市吉田6丁目7番22号

電話:072 (964) 1313 FAX:072 (964) 1596

 

 

 

 

 

 

特別展・企画展

期間:平成30年11月20日(火)〜平成31年1月7日(月)

企画展「須田剋太 挿絵原画展 〜英国の街とアイルランドの空〜」

須田剋太 挿絵原画展 〜英国の街とアイルランドの空〜」

 須田剋太は1906(明治39)年に埼玉県に生まれ、独学で油絵を学び、戦前から戦後にかけての官展で活躍しました。戦後は関西に移り住み、抽象画に転向。世界の現代美術の動向と足並みをそろえるように、力強く造形性豊かな作品を制作し、高い評価を得ました。1971年からは、週刊誌に連載された紀行集の挿絵原画を1990年に亡くなるまで担当するとともに、具象絵画も描き、書などにも優れた作品を残しました。今回は、大阪府20世紀美術コレクションから、須田剋太「挿絵原画」愛蘭土紀行より約40点を展示します。臨場感あふれる力強い表現をお楽しみ下さい。

パンフレットPDFデータ(サイズ:約375KB)

とき

平成 30年11月20日(火)〜平成31年1月7日(月)午前10時〜午後5時まで

※入館は午後4時30分まで
※休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始(12月29日~翌年1月3日)
但し12月30日、1月1日、1月3日、1月7日は臨時開館いたします。

料金

無料

主催/協力

主催:東大阪市民美術センター(指定管理者:公益財団法人 東大阪文化振興協会)
協力:大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)

問合せ先

東大阪市民美術センター

〒578-0924 東大阪市吉田6丁目7番22号

電話:072 (964) 1313 FAX:072 (964) 1596